中古品の一軒家を購入後に気付いた事

中古品の一軒家が家の中は全面リフォームをしていたのでとても綺麗で、すぐに気に入り住む事になったのですが、築年数は結構たっていたので、外壁などは古い感じがしていましたが、それもまた味だと思っていて住んでみて感じた事は、やはり築年数が経っていて家の中をきれいにしたり水回りのリフォームをしていても外壁、特に家と外の風の通り?になる場所があるんですが、そちらの掃除とかをきちんとしたり業者さんに頼んで作業をしてもらわないといけないという事に気付きました。
やはり、そこから虫が発生してしまったり築年数が経っているからこそ、柱とかも古くなってるので虫が住み着きやすい環境だったのかもしれません。
今は塗料でも虫が寄り付きにくい物とかあるみたいなので、それを利用したりして防ぐようにしました。
あと、新築でも中古でもきちんと家のお手入れ外も含めた!お手入れを出来る人の方が一軒家は向いてるのかなと思います。
そうじゃないと草抜きとかもありますし外壁の掃除もしておかないと後々大変になったりするので、出来る時に出来る事を少しづつでもしていくように心がけるのが大切だなと気付きました。
幸い主人も私もお手入れが苦にならないので良かったです。
引越し 見積もり 電話